熱と温度のはなし

地球に優しい省エネ複層窓ガラス スマイルペア

ガラスのはなし

熱と温度のはなし

Fire

閉め切っていても窓は熱が出入りする場所

閉め切っていても窓は熱が出入りする場所

室内の快適性と省エネルギーを実現するために、断熱の必要性は十分に認識されてきました。断熱とは熱の移動をなくすこと。実は住まいの外回りで一番熱が移動しやすい場所は窓なのです。窓を閉めていても一枚ガラスなら、せっかく暖房しても冬は48%もの熱が窓から逃げてしまいます。また夏に窓から入る熱は家全体の71%に達します。これでは無駄な冷暖房でエネルギーも消費する一方。まずは窓ガラスから暮らしを見直して、快適な住まいを手に入れましょう。

シーズン別

いろいろあります。住まいの不快感。

結露の罪をご存知ですか?窓の水滴を抑えればお部屋も快適

結露とは、水滴が真冬や梅雨時に窓を濡らす現象のこと。暖かい空気に含まれている水蒸気が、冷えたものに触れることで、水滴に変化しているのです。窓ガラスが結露しやすいのは、外の寒さの影響を受けて冷えやすい場所だから。室内にある水蒸気と、空気とガラスの温度差が結露の大きな発生原因です。結露には窓ガラスや壁などに発生する「表面結露」と壁の内部など見えない場所に発生する「内部結露」があります。放っておくと、壁やカーテンなどがシミやカビになったり、湿度を好むダニが発生したり、建物の骨組みなどを腐らせて家の寿命をちじめる原因にも。窓の結露を抑えることは住まいの不快感を減らすことなのです。

スマイルペア
結露発生のしくみ
結露発生のしくみ

結露の正体はもともと空気中にあった水蒸気。空気は湿度が高いほど多くの水蒸気を含むことができますが、多くの水蒸気を含んだ暖かい空気が冷えると、水蒸気が飽和状態になり、余分な水分は冷たい場所で液体へと変化し、結露として現れるのです。

ガラス別 結露が始まる外気温度の比較
ガラス別 結露が始まる外気温度の比較

室温20℃、室内湿度50%の場合。一枚ガラスは外気温4℃で結露し始めます。スマイルペア 優は外気温-16℃になるまで結露を抑えます。

エネルギーの無駄は家計と地球に負担をかけます

クーラーをつけてもいつまでも暑い、ストーブをつけていてもいつまでも寒い。それは涼しさや暖かさが、窓からどんどん逃げているからです。極端にいえば、窓が網戸の状態でクーラーやストーブを強くしているようなもの。これでは不快なうえにエネルギーの無駄使いです。部屋の暖かさや涼しさを逃がさない窓ガラスにすることで、エネルギーを無駄なく効率よく使うことになり、家計はもちろん、限りある資源を大切にすることにもつながります。

一枚ガラスと機能ガラスの年間冷暖房費用の比較

単板ガラスからLow-Eガラスに交換した場合のCO2と冷暖房削減費

アルゴンガス封入(”優”、”暖”は標準仕様)のスマイルペアは乾燥空気封入の製品に比べ断熱性能(熱貫流率)を20%以上引き上げる効果があります。したがって、スマイルペアは、CO2削減・冷暖房費削減においても、下記データを上回る削減効果を保証することができます。

一枚ガラスと機能ガラスの年間冷暖房費用の比較
冬、冷えたガラスはお部屋の冷却機 窓辺や足元が冷え冷えに

冷放射とは、窓ガラスが冷たい外気に冷やされ、人体から熱を奪うため寒さを感じること。いくら室内を閉め切って暖房を強くしても、窓ガラスの近くで冷気を感じて暖かくならないという経験はありませんか?その場合は「冷放射」現象を疑ってみましょう。また、ガラスによって冷やされた空気が下方に流れるコールドドラフト現象により、部屋の上下に温度差を生じさせるため、いつまでも足元が暖まらない不快がおこります。

窓辺や足元の冷え込み比較

一枚ガラスの窓とスマイルペア優の窓の室内の温度分布を比較してみると、一枚ガラスでは冬の窓辺の冷え込みがひどく、足元の温度が約8℃も低くなります。

窓辺や足元の冷え込み比較
西日の暑さが、窓を通してお部屋に侵入

リビングなどの広々とした窓は、光や眺望をいっぱいに取り入れることができて快適です。でも夏は暑い日差しも取り入れてしまい、結局カーテンやブラインドを閉めることになります。特に西日の当たる部屋はカーテンやブラインドを閉めたとしても、ガラスの内側が熱くなってしまっているため冷房も効かず、涼しくなりません。西日を避けて快適に過ごすためには、明るさや眺めをさえぎることなく、日の当たる窓は熱だけをシャットアウトすることが必要です。

サーモグラフィによる体感温度の比較

普通の一枚ガラスとLow-Eペヤグラス、それぞれの夏季、日射のある窓辺の体感温度をサーモグラフィで比較してみました。普通の一枚ガラスは衣類まで高温になっています。

サーモグラフィによる体感温度の比較

高機能ガラスで住まいの不快感を解決

断熱効果を高める<スマイルペア>の採用で、我が家も健康

たとえば冬、暖房を止めても暖かさが残っていれば小さなエネルギーでお部屋をもう一度暖めることができます。でも、冷え切った空間を暖めるには大きなエネルギーが必要です。
熱を逃がさずに効率よく蓄えておくことは、もっとも外気の影響を受けやすい窓の断熱化から始まります。<スマイルペア>をはじめとする断熱ガラスは、結露などさまざまな弊害を低減させ、住まいと住む人の健康を守るのです。

さらに高い効果をもつLow-Eペアグラス

外壁の中でも難しい「窓」の断熱は、高性能と同時に遮熱性も求められています。そこで登場するのが<スマイルペア 優>。2枚の板ガラスの間に乾燥空気を封入し、片側のLow-Eガラスがさらに性能を高めます。寒さの厳しい地方には高断熱の<スマイルペア暖>を、夏季に冷房を多用する地方には遮熱性能を持つ<スマイルペア優 >をお使いください。結露だけでなく、冷放射やコールドドラフト、西日の暑さも相当軽減されます。

スマイルペア スタンダードの仕組み

ウォームエッジスペーサーとは?従来のアルミスペーサーとの違い

アルミは空気の1000倍の熱を伝えます(かたまりの場合)。 そこで、ウォームエッジスペーサーは使用するアルミの量を減らし、エッジ部の断熱性を向上させたことにより冬場に室内側ガラスで結露が起きるのを大幅に防ぐことができます。ウォームエッジスペーサーは、アルミスペーサーより熱伝導率が低くなり、冬でもエッジ部が冷たくなりにくいので、ウォーム(暖かい)エッジと呼ばれています。このため、従来のアルミスペーサーを使用した場合よりエッジ部の断熱性能をさらに改善することができます。

ウォームエッジスペーサーとは?

技術用語解説

Low-Eペヤグラスとは?
Low-Eペヤグラスとは

<複層ガラス>の2枚のガラスの間には「放射」による熱の移動があります。[暖]側のガラスに特殊金属幕をコーティングすることで、この熱の移動を少なくした複層ガラスがLow-Eペヤグラスです。

熱貫流率とは?
熱貫流率とは

壁や窓などの各部位で、熱の移動を表す数値。「室内外の温度差が1℃の時、面積1㎡あたりに移動する熱量」で数値が小さいほど断熱性にすぐれていることを表します。(単位:W/㎡・K)

断熱と遮熱の違い
断熱と遮熱の違い

このホームページでは、断熱は「冬季に熱が屋外に逃げていくのを防ぐこと」。遮熱は「夏季に日射熱が室内に入ることを防ぐこと」をいいます。